私は、SUZUKIがどうも好きになれず、その訳は、ズバリ名前そのもので鈴木という名前の昔からの友達がいてSUZUKIのバイクに乗るとなんでかそいつにバカにされるようで嫌だったのです(笑)。
そんな私がSUZUKI製のバイクを買うことになろうとは。当事、私はZZR1100に乗っておりこのバイクもいろいろ カスタムしてあって愛着があったので乗り換えるとなるとかなり迷いましたがバイク屋さんの一言で決めてしまいました。
”最後の一台だって次は、来年だね”
<00/09/10>
来ました!!待ちに待ったアクラポビッチのマフラーが!!。取り付け及び画像は、Mechanicコーナーを見てください。


只今、ならし中でまだ高回転域が封印中のため一番おいしいところが使えませんがっ!
このバイク当然、高回転重視でレッドゾーンも1万4000回転からなのでならしも 800kmまでは、7000回転で1600kmまでは、10500回転まで回せるのです。 6速の7000回転で140km/hでるのであまりならしでもストレスは、感じません。 エンジンは、ラム圧の吸気口から気持ちよい吸気音を響かせ、ヒュンヒュンよく回ります。 FIのくせなのか発進、ギヤチェンジの時は少し気を使いますが高回転になればなるほど とてつもないパワーを感じます。さすが750ccにしては、高馬力の141PSを引き出してます。 トルク感は、薄いのですが回転で力を出す感じとでも言うんでしょうかこのような特性に初めて乗ったので表現が難しいですね。 車重は、軽くて乾燥重量166kgなんといっても取りまわしの時に1番その恩恵にあやかれます。 足周りは以前の型からフロントブレーキのキャリパーが6PTから4PTに変わったので残念ですが 握りこんで効いてくる感じのブレーキでよく効きます。リアブレーキが思ったより効くのは、ちょっとビックリです。 もう既にアクラポビッチのマフラーを頼んであり待ちどうしい今日この頃です(笑) また、ならしが終わって高回転の封印が解けたらインプレしますんで待っててください。
<00/09/10>
アクラポビッチマフラー&ならし運転がとうとう終わりましたのでインプレします。
高回転域の封印が解け、更にマフラーが変わりアクラポビッチを取り付けました。音は完全なストレート排気なため思っていたより 高めですが画像でわかるとおりサイレンサーがカーボン巻なので750にしては重低音な排気音がしてかなり気に入っています。
見た目も気に入っていますが周りからは、スズキはスーパーバイクのワークスマシンでアクラポビッチを使っていないため裏切りだと よく言われます(笑)。
本題のインプレですがマフラーが代わって低速のトルクが落ちるかなと思いただでさえ発進に気を使っているので不安になっていたんですが 乗ってみると逆に低速もトルク感が上がっていて発進や低速走行が楽になってうれしい誤算でした。
さっそく高回転にぶち込んで見たんですがそれはもうレッドゾーンまで谷がなく一直線にパワーが引き出され感じであっという間に とんでもない速度になってしまいます。排気音もスコーンと抜けるような良い音を奏でてくれます。高回転になってもラム圧の影響で 急激にパワーがでてくると言う感じもなくよく調教されてると思います。ただこのバイクというかこの類のバイクは高回転重視である為 いったん回転を落とすと充分なトルクを得られずコーナーの立ち上がりで不快な気分を受けるのも度々あります。このバイクを扱う上で 一番重要なのは、いかに高回転をキープできるかということです。あとはレーステクニックをふんだんに取り入れるとカテゴリーがスーパー スポーツだけにマシンがよく反応してくれて速く走れます(公道ではリスクが大きい)。逆に言えば扱いが難しいバイクでもあります。 このバイクに気持ちよく乗るために腕を磨く努力をしようとは思っているんですがこれがなかなかできないんですよ。
速く走るだけがバイクの楽しみ方じゃないのさ。ふんっ!!
<02/06/08>
バイクを乗り換えることになりました。
今、思っても面白いバイクでした。ツーリングはきついですけどね(前傾が・・)


車体形式GR7HA
全長 x 全幅 x 全高(mm)2,040/715/1,135
シート高(mm)830
乾燥重量/装備重量(Kg)166/180
エンジン種類4サイクル・水冷・DOHC・4バルブ
燃料系統フューエルインジェクション
気筒数配列/総排気量(t)並列4気筒/749
内径 x 行程(mm x mm)72.0mm x 46.0mm
圧縮比12.0 : 1
最高出力(ps/r/min)141ps/12,500r/min
最大トルク(kgf・m/r/min)8.6kgf・m/10,500r/min
燃料タンク容量(リットル)18
エンジンオイル容量(リットル)3.1
変速機形式リターン式6段
タイヤサイズ 【前】    120/70 ZR17 (58W):チューブレス
【後】    180/55 ZR17 (73W):チューブレス
乗車定員2名

戻る ホーム